酒を買い取るZOU【お酒を高く売るコツを伝授】
こんなビールが高く売れる【ビールの買取相場】

こんなビールが高く売れる【ビールの買取相場】

ビールも売ることができる

自宅に飲んでいないビールは眠っていないだろうか?
ビールも買い取ってくれる業者は比較的多いため、もし飲んでいないなら売ってしまうのが良い。
例えばお中元・お歳暮などのギフトで貰ったビールを飲まずに置いてあるなら、売却も検討してはいかがだろうか?

ビールについての豆知識

ビールはスーパーでも気軽に買えるお酒だが、その歴史は意外に古い。
諸説あるが、紀元前数千年頃に誕生したと言われているのだ。
ビールには麦が欠かせないが、これも農耕の歴史と深い繋がりがある。
特に紀元前のエジプトでは、ビール製造が盛んだったと言われるが、ナイル川の周辺に肥沃な大地が広がっており、麦の栽培に適していたことが由来とされる。

そして現在は様々な国でビールが作られている。例えばドイツのピルスナー、イギリスのエールなどの代表ビールも色々とあり、枚挙にいとまがない。
各国のビールを飲み比べてみるのも楽しみ方の一つである。

ビールの買取価格の相場

ビールの買取価格はメーカー・銘柄など様々な条件で変わるので注意が必要だ。
買取相場は、以下のようになっている。

350mlの缶ビールの場合
一缶あたり40円~100円程度だ。
これを基準にすると、24缶入りのケースの買取価格が1,000円~2,400円ほどになる。
なお、一部の高級ビールに関しては1本60円以上で買い取ってもらえる可能性がある。

500mlの缶ビールの場合
1缶あたり60円~140円程度だ。
24缶のケースでは1,500円~3,500円程度で買取されている。
買取価格は高めの水準だが、350mlの缶ビールと同様、高級ビールに該当するものは更に買取価格がアップする。

買取相場の安値と高値を見ると、かなりの違いがあることが分かる。
実際の買取価格は査定を受けないと分からないが、気を付けてほしいのが賞味期限・保管状態だ。
特に賞味期限は買取価格に大きな影響を与える。
賞味期限が近くなると買取価格も下がる傾向があるのだ。もし賞味期限間近なら、そもそも値が付かないことだってある。

高額査定が出やすいビール【まとめ】

高値になりやすい国内ビールは主に下記の銘柄だ。

・スーパードライ(アサヒビール)
・エビス(サッポロビール)
・プレミアムモルツ(サントリー)
・一番搾り(キリン)

これらは特に代表的な買取銘柄でもある。いずれも高値が付きやすいため、余っているなら売ると良いだろう。

なお、海外のビールは次の3つが高値になりやすい。

・ハイネケン(オランダ)
・ドラフトギネス(アイルランド)
・バドワイザー(アメリカ)

いずれも世界的に人気のビールだ。他のビールに比べ高値が付くこともある。

ビールは早めに売ろう

ビールは賞味期限があるため、早く売るほど買取価格も高くなる。売るなら1日でも早く売ることを心がけよう。
ただし、買取業者によってはビールを買取していない場合がある。
査定を受ける前には、その業者の買取対象かどうか確認しておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です