酒を買い取るZOU【お酒を高く売るコツを伝授】
こんなシャンパンが高く売れる【シャンパンの買取相場】

こんなシャンパンが高く売れる【シャンパンの買取相場】

シャンパンは高値で売れることも多い

特別な日に飲まれることも多いお酒がシャンパンだ。現在はインターネットの通販でも気軽に買えるが、ドン・ペリニヨン(ドンペリ)のように高級銘柄が沢山ある。
シャンパンは世界的なニーズがあり、高値で売れる場合も少なくないのだ。

特にシャンパンは1万円以上するような高級品も多く、手頃な数千円台の銘柄でも意外に高く売れる。
もし栓を開けていないシャンパンがあるなら、売却を検討してみてはいかがだろうか?

シャンパンについての豆知識

そもそもシャンパンとは、炭酸ガスが封入された発泡性ワインのことだ。
発泡性ワインと言えばスパークリングワインのことでもある。
しかし、これらは基本的に別物なのだ。シャンパンはフランスを代表するお酒だが、以下のような条件(AOC法)を満たさなければシャンパンを名乗れない。

  • 特定の品種を使用して作られること
  • シャンパーニュ地方で作られていること
  • ラベルに「Champagne」と表記すること

更に厳格なルールを満たした物のみがシャンパンを名乗れる。他国で製造されたスパークリングワインはシャンパンではない。
スパークリングワインは発泡性ワインの総称で、シャンパンはその中でも特別な条件を満たしたお酒なのだ。

なお、シャンパンとスパークリングワインを見分ける方法は簡単だ。ラベルに「Champagne」の表記があるか確認すれば良い。
もし表記があればシャンパン、無ければスパークリングワインである。売却する際に判断が付かなければ、ラベルを見て判別すると良いだろう。

シャンパンの買取価格の相場

シャンパンは多くの銘柄が販売されている。そのため、銘柄によって買取価格に大きな開きがあり、全体の平均的な相場は無いに等しい。
例えばモエ・エ・シャンドンは市販価格が3千円前後、買取価格は千円程度だが、限定品なら数十万円の値がつく場合もある。
基本的に希少価値が買取価格を決めるが、このように数倍・数十倍の差が出ることも多いのだ。

シャンパンは、各銘柄ごとに細かな相場がある。もし分からない時は、買取業者へ査定を依頼してみるのも良いだろう。
シャンパンはお宝の銘柄も沢山存在するので、自宅に眠っているものが高値になる可能性もある。

高額査定が出やすいシャンパン【まとめ】

シャンパンは全体的に高値で売れる銘柄が多いが、その中でも特に高価買取されるのがクリュッグだ。
帝王とも呼ばれるほど希少性が高いシャンパンで、ロゼが1万5千円前後、クロデュメニルなら2万円程度で売れる。
ヴィンテージによっては3万円前後で売れこともあるが、1995年製造のクロ・ダンボネなら、箱付きで30万円を超える場合もある。

ドンペリも高額査定の定番だ。元の市販価格も高値だが、ロゼで2万円前後、ゴールドやプラチナなら5万円~7万円の値で売れることもある。
なお、ドンペリは空き瓶にも価値があるので、もし持っているなら売るのも良いだろう。

サロンも高値が付きやすい。ブラン・ド・ブランが2万円程度の買取価格になっており、ヴィンテージによっては3万円を超えることもある。
他のシャンパンと比べ、買取価格の開きが無いのが特徴だ。

シャンパンを高値で売るポイント

シャンパンは高く売れることが高いお酒だが、どんな状態のものでも高値になるとは限らない。高く売るためには、下記に気をつける必要があるだろう。

  • 液量の目減り
  • ボトルの汚れ
  • ラベルの破れや劣化
  • 付属品の有無

保存状態が良く、箱などの付属品が全て揃っているなら相場以上の値で売れる可能性もある。
特に保存状態は査定に大きな影響を及ぼす。
例えばボトルが汚れていたりすると、それだけで買取価格も下がるのだ。査定を受ける際は、シャンパンの状態に注意しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です