酒を買い取るZOU【お酒を高く売るコツを伝授】
こういうお酒は売れない【買取が難しいケース】

こういうお酒は売れない【買取が難しいケース】

売れないお酒だってある

お酒は何でも売れるわけではない。
中には買取が難しいか、拒否されるものだってあるのだ。確かにお酒は価値があるものも多いが、その一方で値を付けるのが難しい場合もある。
主に開封済みのもの・賞味期限切れのもの・目減りしたものだが、業者に査定してもらう前に一度自分で確認してみるのも良いだろう。

一度開封されたお酒は売れない

すでに開封してしまったお酒は基本的に買取してもらえない。
飲みかけのものは当然売れないが、単に栓を空けただけでも買取はまず無理なので気を付けておこう。
何故なら、開封すると空気が混入してしまい、風味が落ちてしまうからだ。また、開栓するとホコリなどの異物が混入するおそれもある。誰も異物が入ったお酒は飲みたくないだろう。

このような理由から、開封したお酒は絶対に買取してもらえない。査定前に自分で味見、ということはできないので注意しよう。

賞味期限ギリギリor賞味期限切れのお酒も売れない

ビールなど、一部のお酒には賞味期限が定められている。
賞味期限がギリギリのものや、期限が切れたお酒も売れないと考えておこう。
賞味期限切れのものは買取してもらえないのも当然だが、期限がギリギリのお酒も買取は難しいのが実情だ。

買取してからリユース(再販)されるまでに、多少のブランクがある。
そのブランク中に期限切れになる可能性が残されているためだ。
明確な基準はないが、最低でも賞味期限は数ヶ月残っていることが望ましい。特に賞味期限が近いお酒は早めに売ってしまおう。

逆にワインのように、賞味期限が決められていないお酒は気にする必要がない。あくまで賞味期限が定められたビールなどのみ注意が必要だ。

液漏れor液量の減ったお酒は買取が難しい

液漏れや目減りしたお酒など、量が減ってしまったものも買取はほぼ不可能だ。お酒としての価値を失っているに等しいため、値がほとんど付かないケースも多い。仮に値が付いたとしても、一般的な買取相場を遥かに下回ることは間違いない。

目減りしたものは、瓶が割れていたり、風味が落ちている可能性がある。
こうした理由から買取が難しく、断られることが多いのだ。
特に長年保管しておいたものは、量が減っていないか確認が必要になるだろう。

売れるかどうか事前確認を

売れないお酒は色々ある。他にも瓶が欠けたり、割れたりしたものは値が付きにくいと考えて良いだろう。そこから異物が入る可能性も捨てきれないからだ。

どのような場合にしても、査定を受ける前の確認は必須と言える。賞味期限はもちろん、開封の有無や量をチェックしてから査定を受けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です