酒を買い取るZOU【お酒を高く売るコツを伝授】
盲点!お酒は中身だけじゃなく空き瓶も売れる

盲点!お酒は中身だけじゃなく空き瓶も売れる

お酒は空き瓶にも価値がある

お酒は専門の業者などに買い取ってもらうことができる。飲まないお酒などは売ってしまうのが良いだろう。
しかし、お酒の空きボトルなども売れることをご存知だろうか?
ごく一部の業者では、ワインやウイスキーなどの空きボトルも買取の対象にしているのだ。
実はお酒の空き瓶にはそれなりの価値がある。
空き瓶は捨ててしまうのが一般的ではあるが、捨てるよりも売ってしまったほうがお得だろう。

だが、なぜお酒の入っていない瓶が売れるのか疑問も浮かぶのではないだろうか。
確かに空き瓶は価値がないように見えるが、実は売れる理由が存在する。

空き瓶なのに売れる理由とは?

空き瓶が売れる理由は単純だ。それを集めているコレクターが存在するからなのだ。
一般的には、お酒の空き瓶はゴミで捨てる場合が多く、特に付加価値はない、と考えるのが普通である。
だが、コレクターにとってはお宝であり、中には数万円・数十万円支払ってでも手に入れたい、という空きボトルすら存在するのだ。

一般のお酒に比べると市場規模は小さいが、コレクションを目的として取引されている。
こうしたコレクターへ再販を目的に、一部のお酒買取業者では買取の品目になっているのだ。

また、空き瓶に付いたラベルを収集している人も多い。それを目的として空き瓶を購入し、集めているのだ。珍しいかもしれないが、これもお酒が入っていない瓶に価値がある理由でもある。

買取可能なお酒の空き瓶の種類

主に売れるお酒の空き瓶は、シャンパン・ワイン・ブランデー・ウイスキーの4種類だ。
こうしたお酒の空き瓶は、1万円を超える価格で取引されている銘柄すら存在する。
場合によっては更に高値が付くものすらあるほどだ。

主に取引されている空き瓶はガラス製だ。例えばシャンパンなどのお酒は、ガラスでできたボトルに封入されており、ペットボトルはめったにない。
また、ごく一部のお酒では陶器が使われている。実は陶器製の空き瓶も買取してもらえるのだ。
一例だが、九谷焼や有田焼のものは業者に買い取ってもらえる。
陶器で作られたボトルはお酒の種類を問わず、日本酒でも問題なく買取してもらえるのだ。

基本的にガラスのものか、陶器なら売れる可能性は高い。
ただし、汚れが目立つものは上記に該当しても買取を断られるリスクもある。しっかり汚れを取り除き、きれいな状態で売るのが望ましいだろう。

お酒は替え栓や箱のみで売れることも

お酒で売れるのは瓶だけだと思っていないだろうか?
やや少なめだが、限定品に付いている箱や、お酒に付属した換え栓なども集めている人は存在するのだ。
例えばプレミアの付いたお酒は、化粧箱に収められている場合も珍しくないが、箱が売れることもあるのだ。

価値のあるお酒なら、お酒に付属した換え栓だけで売れることだって珍しくはない。
交換用の栓が付いているお酒は珍しいが、もし取っているならそれが現金に変わる可能性もある。
元々生産本数が少ない銘柄なら、高値も期待できるだろう。

ただし、需要は限られているため取引・買取相場は無いに等しい。いくらで売れるかは査定を受けないと分からないため、もし買取してくれる業者を見つけたら、一度査定してもらうことをおすすめしたい。

お酒の空き瓶の買取相場

お酒の瓶がいくらで売れるか気になる人も多いだろう。実は瓶に限ってはある程度買取相場が存在する。
以下に一例を示すが、空き瓶の状態やラベルの汚れ、その他需要によって価格は常に変動している。
以下の値を下回る可能性もあるため、あくまでも参考程度にして欲しい。


左から、

  • ロマネコンティ・・・5万円前後
  • バカラのクリスタルボトル・・・1万円~2万円
  • 山崎の50年(箱が付属したもの)・・・10万円前後
  • ザ・マッカラン25年(木箱付き)・・・1万円前後

参考URL

  • htps://www.enoteca.co.jp/item/detail/020681761
  • http://donum.jp/?pid=7735240
  • http://theyamazaki.jp/50years/
  • https://www.suntory.co.jp/whisky/macallan/products/sherry/25y.html

このように、銘柄によってかなりの差がある。特に山崎の50年は箱付きなら高額だ。他にも、高級銘柄の空き瓶などは高値で売れる傾向が強い。
逆に買取価格が数百円程度になる銘柄も多数あるが、査定を受けてみるだけの価値はある。

空き瓶があれば売って処分するべき

もしお酒の空き瓶は売って処分することを検討して欲しい。値が付かなかったら捨ててしまえば良いのだ。
付属品も揃っていれば、より高値で売れる銘柄もある。
意外な金額になる可能性もあるので、騙されたと思って査定を受けてみることをおすすめする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です