酒を買い取るZOU【お酒を高く売るコツを伝授】
こんなワインが高く売れる【ワインの買取相場】

こんなワインが高く売れる【ワインの買取相場】

ワインは数十万円になる場合もある

ブドウを使って作られているお酒がワインだ。レストランなどで供されることも多いが、今は自宅でも様々な銘柄を楽しむことができる。
特に色んな料理に合わせられるので、愛飲している人も多いのではないだろうか?

世界中で飲まれているワインだが、千円程度で買えるポピュラーなものから、数百万円するような銘柄まである。
ワインは希少性や熟成年数で価値が変わるお酒であり、中には数十万円で売れるものもあるのだ。
自宅のワインが思わぬ高値になることも考えられる。飲んでいないものは業者の査定を受けてみるのもおすすめだ。

ワインについての豆知識

ワインは色んな種類がある。一般に言われる赤・白・ロゼの各ワインはスティル・ワインと呼ばれ、発泡しないものを指す。
一方、炭酸を含んだワインがスパークリング・ワインで、フランスの一部地域で作られているものがシャンパンはスパークリング・ワインの一銘柄だ。

色んなものを添加したワインもある。例えばアルコールを添加し、より度数を高めたものがフォーティファイド・ワインだ。
よりワインが保存しやすくなり、長期間の保管に適している。

一方で、ハーブや果実などを添加したものがフレーバー・ワインと呼ばれている。
特に甘み・香りが増しており、ワイン特有の酸味などは感じにくくなっている。

一口にワインと言っても、このような分類がある。シンプルなスティル・ワインが一般的だが、ワインが好きなら好みに合わせて色々と楽しんでみるのも一興だ。

ワインの買取価格の相場

ワインは高値で売れる銘柄とそうでない銘柄がある。残念ながら、お店で千円以下で買えるような銘柄はほとんど値がつかないか、買取してもらえない場合もあるので注意しよう。
逆に一本数千円~数万円、あるいはそれ以上の値で売れる銘柄も沢山ある。

イタリアワインの代表銘柄サッシカイアは販売価格1万数千円だが、3千円~4千円前後の値で売れる。
アメリカのオーパスワンなら、一本2万円前後が相場だが、ヴィンテージ次第では10万円以上の値が付くこともある。

また、ボルドーワインでもレ・フォール・ド・ラトゥールが5千円弱の一方、シャトー・オー・ブリオンのように2万円を超すものがあるなど、銘柄による違いは大きい。
ワインは各銘柄ごとに買取相場が確立されている場合が多いため、査定を受けてみるのが一番おすすめだ。

高額査定が出やすいワイン【まとめ】

ワインで高額査定になりやすいものは5大シャトーだ。
五大シャトーとは以下のようなものを指す。

「ボルドー五大シャトー」とは、1855年のパリ万国博覧会において、フランスのボルドー・メドック地区の格付けで“第一級”の称号を与えられた4つのシャトー(醸造所)「シャトー・ラフィット・ロートシルト」「シャトー・マルゴー」「シャトー・ラトゥール」「シャトー・オー・ブリオン」と、1973年に昇格になった「シャトー・ムートン・ロートシルト」、これら5つの世界トップクラス・シャトーのこと。
ワイン初心者に贈るまとめ 5大シャトー入門

シャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・マルゴーなど、メドックの格付け第一級銘柄いずれも高値傾向がある。
ヴィンテージによっては数十万円の値が付くこともあるため、査定を受けてみる価値はあるだろう。

5大シャトーではないが、シャトー・ル・パンも高値査定の定番になっている。
製造本数が非常に少ないため、ヴィンテージなら一本で20万円を超えることもある。
販売価格も高めだが、買取価格も高いのが特徴だ。

他にも、ブルゴーニュワインのロマネ・コンティが高い。世界的知名度を持つ高級ワインだが、当たり年のヴィンテージは100万円を超える場合もあるほどだ。
安くても数十万円は期待できるため、売るだけの価値があるだろう。

ワインを売る時確認すべきポイント

高値で買い取られる銘柄も多いワインだが、以下の点に注意すべきである。

  • 付属品の紛失
  • 瓶の汚れ・割れや欠け
  • ラベルの汚れ
  • 液量の目減り

これらに該当するものは、たとえ希少な銘柄であっても買取価格が下がるおそれがある。特に目減りしたものは注意が必要だ。
液量が減っていると買取すら難しいことがあるため、目視でしっかり確認してから査定してもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です